×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【転職・求人のお役立ち情報をご紹介しています!】

転職エージェントってなに?

転職活動を進めていくと、求人サイトから「転職エージェントからスカウトメッセージが届きました」といったメッセージが届くようになります。

「転職エージェント」とは、求職者(転職希望者)と企業の間に立って転職活動と採用活動をスムーズに進める仕事、いわゆる人材紹介業に従事している方々のことを指します。
彼らは担当企業の人事担当者と濃密なコミュニケーションを取っているため、企業が求める人物像に近い求職者を転職サイトに登録された情報を基に探して、メッセージを送っています。

転職情報サイトと同じように業界に特化した転職エージェントもあります。

ちなみに・・・
「キャリアコンサルタント」や「キャリアアドバイザー」といった言葉を聞いたこともあると思いますが、「キャリアコンサルタント」は2016年4月から国家資格になったため、資格を持っていない人は名乗ることができなくなりました。

※厚生労働省サイトより
「キャリアコンサルタント」名称独占について
 職業能力開発促進法に規定されたキャリアコンサルタントでない方は、「キャリアコンサルタント」又はこれに紛らわしい名称(※1)(※2)を用いることができません。これに違反した者は、 30 万円以下の罰金に処せられます。
(※1) 紛らわしい名称としては、「キャリア・コンサルタント」、「キャリアコンサルタント○○(キャリアコンサルタント専門士等)」、「○○キャリコン(標準キャリコン等)」、「キャリアコンサル」等があげられます。
(※2) いわゆる標準レベルのキャリア・コンサルタントであった方についても、キャリアコンサルタント名簿に登録しなければ、「キャリアコンサルタント」と名乗ることができませんのでご留意ください。
(参考:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000104890.html)

転職エージェントを使うメリット・デメリット

働きながら転職活動を行おうとするとどうしても立ちはだかるのが「スケジュール調整」。
自分だけで活動をしているとスケジュール調整ができなくて断念することも多くあります。
うまく内定が出たとしても、希望の年収にならなくて内定を辞退するなんてことも・・・。

一人で転職活動がうまくいないときは転職エージェントを使ってみるのがおすすめです。

転職エージェントを使うメリット
●転職エージェントを使うメリットは、
・自分の長所、短所の整理をしてくれる
・履歴書、職務経歴書の添削をしてくれる
・面接のスケジュール調整を代行してくれる
・面接結果のフィードバック、面接対策をやってくる
・企業側に推薦はもちろん、内定交渉もしてくれる
・年収などの待遇交渉をしてくれる
・退職時のアドバイス
など、求職者本人に変わって様々な仲介役をしてもらえることにあります。

めんどくさいことがなくなることで、ストレスは少なくなります。
また、担当者と一緒に転職活動をしていくので、心が折れず最後まで転職活動をやりきれる可能性が高くなります。

転職エージェントを使うデメリット
●転職エージェントを使う際のデメリットは、
・必ず面談をしなければならない(対面ないし電話で)
・面談が平日しかできないことがある
・希望している業種や職種の求人が少ないことがある
・担当者に当たりハズレがある
といったところでしょうか。

正直、転職エージェントの担当者も人間なので相性が悪い、なんてこともあります。
そんなときは遠慮せず、担当者を変えてもらいましょう。

転職エージェントの利用の流れ

メリット・デメリットを理解した上で、転職エージェントを利用した場合の転職活動の流れを説明します。
転職エージェントによって若干の違いはありますが、基本は下記の流れになります。

転職エージェントの利用の流れ
1.転職エージェントとの面談
 └面談時に現職の状況や、希望などをヒアリングして、応募可能求人などを提案してくれます。
2.転職エージェントから企業へ書類選考依頼
 └書類選考時に推薦文などを添えてくれるエージェントもあります。
3.対面や電話などで面接対策
 └特に面接で落ちる方などは依頼をしてみるといいと思います。
4.書類選考が通れば、面接スケジュールの調整
 └転職エージェントが求職者と企業の双方のスケジュールを調整します。
5.企業面接
 └転職エージェントによっては同席してくれる場合もあります。
6.内定と条件提示
 └内定が出ると、企業から採用条件が提示されます。
7.待遇交渉
 └年収や、入社時期などの条件を転職エージェントに伝えることで交渉してくれます。
8.内定承諾
 └求職者と企業との条件が一致したところで、内定承諾書を企業に提出します。
9.入社

ポイントは1の転職エージェントとの面談ですね。
この予定が合わないと、次のステップに進めないため、転職エージェントを利用することを断念するひとつの要因になります。
土日の面談や、電話での面談を実施している転職エージェントもありますので、問い合わせてみたほうがよいです。

一度面談を行えば、その後は履歴書や職務経歴書と面談時にヒアリングした内容を踏まえて、
応募できる求人を追加で提案してもらうことができます。
応募できる求人が多ければ多いほど、企業面接まで進めるチャンスが広がりますので上手く担当エージェントに働きかけて条件に合いそうな企業、求人を紹介してもらいましょう。